介護福祉士資格 取る

介護福祉士資格取得のルート

介護福祉士の資格を取りたい!というあなたへ

介護福祉士の資格取得をお考えですか?
資格がなくても、介護の現場で出来るお仕事はたくさんありますが、
やはり、資格を持っていた方が好条件で働けますよね。

 

全国的に高齢化が進み、介護福祉分野のサービスの充実は、
どの県でも急務となっていますね。

 

介護のプロとしての国家資格である「介護福祉士」の存在も、
大きくクローズアップされているところです。
そこで、当サイトでは、介護福祉士の資格を取得するために必要な条件や、
働きながらでも勉強するための方法をまとめました。

介護福祉士になる道!3つのルートって?

介護福祉士資格取得のルート

福祉系の高校で学ぶルート

福祉系の高校へ進学し、筆記試験を受けて介護福祉士になるルートです。以前は、高校のカリキュラムを終えた後筆記試験、実技試験を経て介護福祉士に登録が出来ました。平成21年以降は、高校卒業後実務経験9か月以上つんでから筆記試験、実技試験を受ける方法か、新カリキュラムの高校に進学し、筆記試験を受け(実務試験は免除)て、介護福祉士になる方法があります。

一般高校から専門の養成施設や福祉系大学で学ぶルート

一般の高校を卒業後、福祉系大学、、保育士養成施設、社会福祉士養成施設に進みます。その後、介護福祉士の養成施設に1年以上通って介護福祉士の資格を取得する方法です。もしくは、介護福祉士養成施設に直接進み、2年以上の学びの後に資格を取得する方法もあります。

実務を経験して筆記試験を受けるルート

専門の高校や施設に通っていない方にも介護福祉士資格取得の道があります。まず実際の現場にて実務の経験を3年以上積み、その上「実務者研修」を修了した方という条件があります。その後、介護福祉士資格取得のための筆記試験を受けます。実技試験は免除となります。実務者研修を修了することで、実技試験が免除となる、唯一の方法です。

 

 

介護福祉士

福祉専門の高校や大学を卒業していないなら

福祉専門の高校や大学で、専用のカリキュラムを履修した方でなくては、介護福祉士の資格が取得できないわけではありません。大人になって介護で働きたい、と思った方にも道はあるのです。まずは、介護の現場で実務経験を3年以上積み、その後「実務者研修」を受けて修了することで、介護福祉士の受験資格を得られます。
実務者研修を受けるには、専門の通信講座やスクールに通って学びます。受験のためのさまざまな知識や対策方法を効率よく学べるためです。良い通信講座や、自宅から通いやすいスクールを探すには、複数の講座を比較し、あなたにあったものを探すことが大切。インターネットで一括で資料請求が出来るサイトを賢く利用しましょう。

 

実務者研修の講座やスクールを探す

 

受験資格をお持ちで、これから介護福祉士に挑戦するなら

介護福祉士の試験は難易度が高めです。合格率は63%と言われています。仕事をしながら介護福祉士の試験に合格するのはとっても大変ですね。筆記試験だけでなく実技試験についても独学では難しい方もいらっしゃるでしょう。試験を突破するためには、受験対策が不可欠です。介護福祉士の受験対策のためのスクールや講座を受講しましょう。インターネットを活用すれば資料請求は無料でできますよ。

 

介護福祉士受験対策講座を探す