実務者研修 取得

介護福祉士資格取得のルート

実務者研修を取得するには?どんな資格?

介護福祉士の資格を取るには、実務者研修が必修になったと聞きました。実際にはどんなものなのでしょうか?取得する時にかかる時間や費用がわかりません。

実務者研修とは、介護の業務に就く人たちのための実践的な研修制度のことです。以前は、介護職員としての資格が様々で、複雑な面がありました。それを、一つにまとめることで、よりキャリアアップをしやすく、専門的な人材を育てやすくなったのです。そして、平成28年度からは介護福祉士の資格を取るには、実務者研修を終了している必要があります。

 

・実務者研修の内容は?

 

以前の資格の「介護職員基礎研修」と「ホームヘルパー1級」に相当する資格です。介護の現場での経験がなくとも、また、その他の資格の有無は関係なく、どなたにも受講できる研修です。介護職の専門家の一歩として、介護の基本や、コミュニケーション、生活支援の技術、発達と老化、認知症、生涯に関する理解などを学びます。また、条件はありますが、喀痰吸引や経管栄養といった、医療的なケアもできるようになります。研修は通学、通信で受けることができるため、働きながらでも資格取得ができます。

 

・実務者研修を取得するメリットは?

 

実務者研修を持っていると、就職の幅が広がります。この資格を持っていることで好条件での仕事への転職の際にも有利です。そして、サービス提供責任者にもなれるので、待遇UPの期待もできます。いずれ管理職になりたい方にとっても、必要な資格と言えます。そして、実際に介護福祉国家試験を受ける際に、実技試験が免除になるメリットも

 

取得にかかる時間と費用は?

 

実務者研修は、項目ごとに必須時間数が決められており、合計で450時間です。期間にすると6か月以上となります。ただし、初任者研修を修了していれば、320時間が免除となります。費用は、保有資格によっても異なりますが、無資格の場合は14万円から20万円程度かかります。介護職員基礎研修を持っていれば3万円程度で済むなど、必要経費には、幅があります。また、受講するスクールや講座によっても価格が異なるので、複数の講座に資料を請求して一番お得に受講できるところを探すのがおすすめです。

 

実務者研修の講座やスクールを探す