実務者研修 取得

介護福祉士資格取得のルート

介護職員初任者研修って?どのくらいで取れるの?

介護の資格の仕組みが変わったようで、介護職員初任者研修がスタートすると聞きました。どんな資格でしょうか?取得に必要な期間や費用についても知りたいです。

介護職員初任者研修とは、平成25年から始まりました。旧ホームヘルパー2級に相当で、介護の仕事に従事する人の入門の研修という位置づけです。

 

・介護職員初任者研修の内容は?

 

介護の仕事に置いての基礎的なことを学びます。例えば、介護という仕事を理解する項目、介護される人への理解と自立の支援についてや介護の基本的なこと、コミュニケーションについて、廊下や認知症についての理解など、 日常生活全般の援助と理解が主な内容です。テキストで座学や通信の形で学べますが、スクールに通って行う演習の時間が必要となります。実際の施設での実習はありませんが、その代りすべての課程が終わった時に修了試験を受ける必要があります。

 

・介護職員初任者研修を修了していると?

 

介護職員初任者研修を修了していると、応募できる仕事が増え、無資格よりも待遇面での向上が期待できます。介護施設での募集の際にも「介護職員初任者研修」を持っているかどうかが条件になることもあります。また、今後さらにキャリアアップして、実務者研修を受ける場合受講が免除される項目もあります。また、家庭に要介護の方がいらっしゃる場合、この知識が役に立ちます。

 

取得はどのくらいの時間が必要?費用は?

 

介護職員初任者研修は研修時間が130時間です。全てのカリキュラムを終えるまで、スクールや講座によって異なりますが3週間〜3カ月程度必要となります。通学して学ぶ方が時間は短くなります。必要となる費用は、2万円程度から8万円くらいと幅があります。あなたのお住まいの地域から通えて、さらに費用負担が少ないスクールを探すには、複数のスクールの資料を取り寄せて比較検討するといいでしょう。

 

初任者研修の講座やスクールに資料請求する【無料】